ニキビ 症状

ニキビの種類によって症状は違います!

ニキビはどれも同じだろうと鏡を見て肌に出来たものをみて考えている人もいるかもしれません。

けれども最近はニキビには種類があるという事が分かってきたので、症状を見ながら適切な対処をしていく事が早めの肌の回復に繋がっていきます。

特に若い頃だとニキビが出てきたら気になってしまって手で触ったり潰してしまう事も少なくありません。
そのせいで返って酷くなってしまって、治りが遅くなったりしますし、悪化してしまって跡に残ってしまう事もあります。

種類は年代で分ければ大人の頃にできるものか、それとも昔からよく言われている思春期の頃に出来るタイプです。
ホルモンバランスを整えたり、保湿をこまめにしていく事で改善をする事ができます。

そしてもう一つのニキビの種類分けは、色で行っていきます。初期段階だとほぼ色は付いていないので、肌に出来ていても分からない事もよくあります。
もしもこの段階で分かれば、早めの保湿ケアなども進めていきましょう。

そしてそれが進行すると、今度は白ニキビとなります。
コメドとも呼ばれるのですが、可能であれば病院で治療すれば綺麗になる段階です。
次は黒くなってしまうのですが、これも黒コメドとも呼ばれるような事もあって、この段階であればまだ早めの治療で綺麗になります。
とはいえ、余りに長く出現するようであれば、相談していく方がいいでしょう。

さらに悪化していくと赤くなりますが、ここからは潰さない方がいい段階です。
炎症を抑える抗生物質なども使っていく事があります。

その次が黄色くなってしまった状態で、炎症が悪化して膿んでしまっています。間違っても潰さないようにしましょう。

相当な重症状態が紫です。毛穴の中に膿や血が溜まってしまって腫れ上がっています。
ここまでくると切開なども必要になる事がありますので、自分で処置をするより病院で相談をして薬を利用したりしていく事になります。
早い段階でニキビは処置する方が治りも早いので、気づいたら病院の受診も検討しましょう。

治すのが大変な「黄ニキビ」とは?

ニキビには段階がありますが、肌のケアをせずにそのまま放置していくと、さらに汚れが溜まって悪化していきます。

黄ニキビまでくるとかなりの重症の段階ですので、まずはニキビが出来ている事に気が付いたら、どんな状態なのかよく確認しておきましょう。

 

黄ニキビについては、自分で潰したりすると雑菌が入り込んだりして炎症が酷くなったりしますし、場合によっては治ったのに跡が残ってしまう原因になりかねません。
この黄ニキビの状態は、赤ニキビがさらに炎症を起こして悪化した状態です。
黄色く見えるのは毛穴の中に溜まっている膿が漏れ出てしまっていて、そう見えるのです。
余り自分自身ではニキビの状態をはっきり見極められないと思うかもしれませんが、この黄ニキビまでくると痛みも伴ってきます。
アクネ菌だけではなくて、黄色ブドウ球菌まで入り込んで状態を悪くしているのです。

 

少しでも肌を綺麗に治したいと思うのであれば、手で触ったり潰すのは厳禁です。
まずは病院に行って診てもらうようにしましょう。
基本的な治療方法としては、これ以上酷くならないようにまずは炎症を抑えるために内服薬で抗生物質を処方してもらう事もあれば、状態を確認した上でステロイド注射をしたりする事もあります。
たかがニキビだからすぐ治るだろうと思うかもしれませんが、酷い状態が続くと治療も長期化していくことになります。

 

黄ニキビの治療が一旦終えたとしても、そこですぐに安心してはいけません。
もし自分がニキビができやすい体質なのであれば、生活の改善をしたりホルモンバランスを整えたりするなどしていくなどの別の治療も平行して進めていく場合もあります。

 

この黄ニキビがさらに悪化していくと、もっと酷い紫ニキビとなっていく可能性があります。
この状態になるとさらに治療や処置も大変になっていきますので、ニキビの存在に気がついたら段階が進まないように早めの治療をしていくように心がけていきましょう。